写真界の暗黒超新星が世に放つ、夜闇の世界。

Interview and text by Tomo Kosuga
[初出掲載:VICE.com日本版 2014年2月]


ここに差し出したるは、黒い布が無造作に継ぎ接ぎされた不気味な1冊。もしかして黒魔術書? デス・ノート? いえ、これは写真集です。
今年デビューしたての写真家、山谷佑介が自ら手がけたという手製の写真集。その名も『Tsugi no yoru e』(次の夜へ)。装丁からして反骨精神というか、怒り狂ったドブネズミが近くで息絶えたヤマアラシの背からハリを1本ずつ抜き取っては自分の背中に植え込んで血まみれになってる的な(言ってる意味分かる? オレには分からない)。
とにかくツンツンした感じがいかにもヤマアラシのジレンマで、本は読むためにあるけど、この本だけはなんか開けちゃいけない様な雰囲気がたっぷり。でもここはひとつ、空気を読まずに開けてみようか。

ページを開くとそこに広がるのは、夜闇(やあん)の世界。
クシで髪をかき上げるパンクスの後ろ姿、夜の海に飛び込む青年、布団に横たわる裸の男女、市松模様で綾取られたライブハウスの床を削るかのように踏み込むロカビリーやパンクスたちの足……。
明けることのない闇の魅力に取り憑かれた連中が、匿名性の高い切り口によって写真に収まる。

不浄、あるいは総天然色ならぬ〝総ケガレ色〟とも言えるモノクロ写真の仕上がりは美しく装飾されることを拒むかのようだ。実際、この本はボロ布に包まれているわけだから。でもマイナスとマイナスが掛け合わされるとプラスになるように『Tsugi no yoru e』は絶妙な負の要素が絡み合うことで独特の魅力を放つ。そう、つまりオレたちはこういう写真(集)を待っていた!
そんなこんなで、山谷が作りだした暗黒の写真集『Tsugi no yoru e』(限定150部、2013年)は出版社や本屋を通すことなく、その年のうちに完売。ヤマアラシのジレンマを実践するかのように、人々の注目を浴びるよりはるか前に、暗闇へと静かに消え去ったというわけ。

この時代にストレートフォトを強烈な個性でぶっ放した山谷。1作目にして作家としての方向性は固まったかと思いきや、新作『ground (dance)』では全く異なる角度から新境地を切り開いた様子。
大雪が降り止まないバレンタインデーの2月14日、山谷がなにやら巨大な〝板〟を雪除けにしながらやってきた……。
 

《この続きはnoteにて公開しております。コチラをクリック

未知の惑星…!? 多くの謎に包まれた〝青い炎〟の真相に迫る。

Interview and text by Tomo Kosuga
[初出掲載:VICE.com日本版 2014年2月]


男はそもそも旅が好きだった。カメラはたまたま知人から譲り受けたから持ち合わせていたのであって、そのほかと同列の荷物に過ぎなかった。人の運命とは、こういうことを指すのだろう。
1996年、ロスでスクウォッターとの共同生活を始め、自然とシャッターを切り始めた。その後、ロスのチカーノギャングを撮影。そしてフィリピンはマニラのスモーキーマウンテンを訪れ、ゴミ拾いで生計を立てる人々をフィルムに刻んだ。さらに今年、いよいよ宇宙へ——?
男の名は名越啓介という。相当クレイジーな日本の写真家だ。