〈後編〉北京の蟻と鼠は大成を夢見る

Text by Tomo Kosuga
[初出掲載:VICE.com日本版 2014年1月]

中国の首都・北京に赴き、高学歴ワーキングプア「アリ族」の実態を垣間見た我々は、アリ族に続く新型ワーキングプア「ネズミ族」の姿を追って、取材を続行した。 「ネズミ族」—。2010年頃から中国国内で囁かれるようになった「地下住人」を指す造語だ。彼らは太陽の光も届かない薄暗い地下で、ネズミ同然の生活を送っているという。その数、北京市内だけでおよそ100万人。北京市の人口が約2000万人であるから、北京人の1/20が地下で暮らしていることに。

北京の街ではそびえ立つ高層ビルの地下に無数の防空壕が広がる

100万人が地下に暮らす都市—。まるでSFのようで信じられないかもしれない。また、それだけ夥しい数の人を収容できるだけの広大なスペースが北京市の地下に広がっているのも驚きだ。果たして北京の巨大地下空間、いかにして生まれたのか?