〈前編〉北京の蟻と鼠は大成を夢見る

Text by Tomo Kosuga
[初出掲載:VICE.com日本版 2014年1月]

中国でいま、若者が「アリ」や「ネズミ」と呼ばれていることをご存知だろうか。
事の発端は2009年。1980年生まれの若手研究者・廉 思(リエン・スー)が北京郊外の唐家嶺を訪問した。そこで暮らす大学卒業生たちが、狭い部屋をルームシェアで借り、独立したキッチンやトイレがない一方、インターネット環境だけは整備されているといった特徴を見出した廉 思。知能が高く、弱く小さく、群れで暮らす様子から、彼らを「蟻族」と命名した。廉 思はこの時の記録と分析を著作『蟻族』にまとめ、本書は2009年のベストセラーとなっている。

2012年には『蟻族の奮闘』という名で連続ドラマが放映され、続く2013年には映画化もされた蟻族。中国を代表する中国語辞書『現代漢語詞典』第6版には〝オタクの男女〟を意味する「宅男・宅女」や短文投稿サイト「微博」(ウェイボ)などと共に「蟻族」が新語として盛り込まれるなど、現代中国の社会現象を象徴するキーワードとして知られる。
北京で10万人、中国全土では100万人いるとされる蟻族。なぜ高学歴を持つ若者がいま、過酷な生活を強いられているのか—。中国は北京の地を訪れ、急速発展を遂げる中国社会の影を追った。