現代の女性たちにかぐや姫の自由奔放さを見るインベカヲリ★

——日本ってつくづく男性社会ですもんね。女性を描く楽しみって、どんなところなんでしょう?

その人しか経験していないような、人間や社会のグロテスクな部分を知れば知るほど、私は楽しくなってくるんですよ。その気持ちがこの遊び(写真行為)に表れていると思う。だから私にとってはすごく楽しい世界なんです。
世間一般ではこういう写真を嫌う人もいて。そういう人は綺麗な世界だけを見ていたいのかなって。それと真逆のところにいるんですよね。そうじゃなくて、どれだけ生々しいところで、踏んだり蹴ったりみたいなところも含めて人生だよねって思うから、そういうこととちゃんと向き合っている人間を見ると楽しくなるんです。

『スピリチュアル・メッセージ』(2005年) Copyright © Kawori Inbe

——そんなインベさん、かつては編集プロダクションで働いていたんですよね。辞める時、けっこうなことを言われたって聞いた覚えがあります。「自分の作品を撮った方がいいよ」でしたっけ?

いや、そんな綺麗なことは言われなかったですよ。「出版業界は向いてないから方向転換は早い方がいい」って。ほとんどクビみたいなものだけど、自主退職をされる方向に持っていかれて。そのあと開き直って、写真を遊びで始めたら、今まで続いたっていう。