東北の森で野ジカを追い、その暗がりに太古日本のクオリアを見出す

東北侵略と神鹿の関係

「東北には昔、金があったんだよ」。田附が面白い推測を聞かせてくれた。「8世紀に奈良の大仏を作るとなった時、金が必要になったんだよ。それで金がある東北を侵略し、成功した」
「で、日本って国では、戦に勝っても大虐殺はしないのね。その代わり、支配をしていく。だから支配された側の神様も受け入れてもらえるんだけど、神としての順位は下のほうになっちゃうんだよ」
c257a2e419a9bc8afaf84eba56b3460f
「たとえば『春日神鹿御正体』とかで、シカの上に春日の神様が描かれてるじゃん? これは俺の想像だけど、東北の神様も受け入れてやるよとなった時の状況が、神鹿の表現に込められているんじゃないかって思うんだよ」