写真家 田附 勝、デコトラの煌びやかなネオンに男たちの飽くなき夢と意地を見る。

「たとえば、東京からはるか遠くに住んでいるトラッカーから声をかけられるとする。うちに遊びに来いよ、とか。そしたらできる限り、行きます!と答えて、実際に行くんだ」
「そこからすでに彼らとの対峙は始まっていて、そうやって試されてるからには、俺も彼らの気持ちに応えたい。そこで築き上げられるものもあるだろうし。逆にそうやって、外で彼らとのコミュニケーションがうまくいけば、彼らを自分のホームに連れてくることも可能になるんだ」
3
「この写真の場合、彼らが普段来ないような都会まで、わざわざデコトラに乗ってきてもらった。そういった相互関係を積み重なることで、彼らのほうからも積極的に関わろうとしてくれるようになる」