Biography of Masahisa Fukase


SCN_0041Masahisa Fukase
was born in the town of Bifuka in Nakagawa District, Hokkaido, in 1934. He graduated from the Nihon University College of Art’s Photography Department in 1956. Fukase became a freelance photographer in 1968 after working at the Nippon Design Center and Kawade Shobo Shinsha Publishers.

His major collections include Yugi (English: Homo Ludence) (Chuokoronsha, 1971), Yoko (Asahi Sonorama, 1978), and Karasu (English: Ravens) (Sokyusha, 1986). His major group exhibitions include “New Japanese Photography” (New York MoMA, 1974), “Black Sun: The Eyes of Four” (Oxford Museum of Modern Art, 1985), “By Night” (Fondation Cartier pour l’Art Contemporain, 1996), and “OUT OF JAPAN” (Victoria and Albert Museum, 2002). Fukase has also held countless other solo exhibitions.

He is the winner of prizes such as the 2nd Ina Nobuo Award in 1976 for his exhibition “Karasu” as well as the Special Award at the 8th Higashikawa Photography Awards in 1992. Fukase passed away in 2012.

1934年、北海道中川郡美深町にて生まれる。1956年、日本大学芸術学部写真学科卒業。日本デザインセンター、河出書房などの勤務を経て、1968年にフリーランスとなる。主な写真集として、『鴉』(蒼穹舎、1986年) 、『家族』(IPC、1991年) 、『遊戯』(中央公論社、1971年)など多数。主なグループ展として、「New Japanese Photography」展(ニューヨーク近代美術館、1974年)、「Black Sun: The Eyes of Four」展(オックスフォード近代美術館、1985年)など多数。その他個展多数。主な受賞として、1976年に個展「烏」で第2回伊奈信男賞、1992年に第8回東川賞特別賞など。2012年逝去。2014年、〈深瀬昌久アーカイブス〉設立。2015年、国内初の回顧展『救いようのないエゴイスト』をDiesel Art Galleryにて開催。2017年、西欧初の回顧展『L’INCURABLE ÉGOÏSTE』をアルル国際写真祭にて開催。2017年、写真集『鴉』をMACKより復刊。